スポンサーサイト

  • 2016.11.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


5時間ラン

 昨日の日曜日は5時間ランを敢行いたしました。

 100キロランナーのブログで「5時間ランが出来るかどうかが、100キロマラソンを完走できるかどうかに関わる」と書かれていたので、これはぜひとも実行しておきたかった。

 朝7時から昼の12時まで。
 のんびり走りました。
 いちお、休憩も歩きながら取ったので、完全に座り込んでの休憩は(トイレ以外では)なしでした。
 先々週の3時間ランより体が軽く、今日になってもとくに筋肉痛はないので、良好です。
 100キロマラソン前に、もう一度くらい、5時間ランをしたいと思います。

 ところで、先週の金・土曜に私の兆候が具現化する出来事がありました。
 「これだったのか!」
 と、もう全細胞が喜んでいました。
 
 いろいろなことがつながっています。
 これから、かなり楽しくなりそうです。
 本年度の私の目標が、いくつか一気に達成できそうです。

 P・S 長崎〜五島108キロ遠泳の皆様、完泳おめでとうございます!


3時間ラン

 7月19日の日曜日は、宣言どおりに3時間ラン。

 近所のグラウンドをひたすら走る。
 本当は、海沿いでも走ったほうが気持ちいいのだろうけど、アスファルトを長時間走るのは膝への負担が大きい。
 事実、6月中ごろの膝の故障の原因は、アスファルトの上を長時間走ったこと。

 それに、グラウンド周回だと、補給も楽。
 ベンチに2ℓのスポーツドリンクと水、干し梅を置いておき、15分後とに補給する。

 私はランニングで語れるほど、たいしたランナーではないが、もし私より初心者で「3時間ランをしたいな〜」という方にアドバイスするなら、
 〇初心者は、必ず土の上を走る(平坦なグラウンドが理想的)
 〇日中なら、帽子は必ずかぶる
 〇水分補給はこまめに(のどが渇く前に。のどが渇いてからでは遅い)
 〇塩分補給を忘れない(干し梅が理想的。アミノ酸と塩分が同時に補給できる)

 以上のことは、必須条件だ。
 どれか一つでも欠けたら、深刻な事故もおきかねない。
 だいたい、夏場のランニングの事故の原因は
 水不足・塩分不足・日よけ対策不足
 のどれかなのだ。

 さて、そんなこんなで時速8キロペースで3時間。
 約24キロ走ってきました。
 いわゆるLSD(長時間・ゆっくり・長距離)。
 
 それにしても、1ケ月まるまるサボっていて、急に3時間ランをしたのだけれど(←あまりにも無謀)、なんとか走れました。
 
 丈夫な体に感謝(笑)

LSD2時間30分ジョグ

 先週の日曜日はLSD(ロング・スロー・ディスタンス)で2時間30分ほどジョギング。
 
 ほんとは4時間位走りたかったけど、午前中用事におわれて、時間をつぶしてしまった。

 このLSDは当然来年の国東100キロマラソンを想定してのもの。
 100キロマラソンって、完走目的ならある意味究極のLSDだと思う。
 あんなの、本気で走ってたら100キロもたない(笑)

 105キロウォーキングで距離と時間への恐怖感は克服していたが、こんかいLSDジョグやってみて、新たな課題が持ち上がった。

 それは、足首。

 おもえば、今までLSDは自転車かウォーキングのみ。
 ランニングのLSDはやってなかった。
 じつは、ランニングって一番足首への負荷が高い。
 ランニングシューズは底が薄いので、ウォーキングの比でなく足首が痛くなる。
 
 調べてみると、100キロマラソン走っている方は、専用の靴下を使っているようだ。
 これは、ウールが混ざった生地で、厚みをとっており、実際私の知り合いがネットで取り寄せて使用したところ「まるで底に空気の層ができたような浮遊感」らしい。
 「関節へのダメージもかなり軽減できた」と非常に好評なので、私も早速とってみることにした。

 基本的に実力はイマイチな私(笑)
 そんな私でも、過酷な大会を完走してきた背景には「情報」と「ツール」がある。
 
 完走に必要な「情報」を集め、そのために必要な「ツール」をそろえるのだ。

 これに徹底すれば、ある程度実力が伴ってなくても、なんとか完走することはできる(もちろん、最低限の練習は必要)

 しかし、この「情報」と「ツール」はある意味下手な練習より重要だと思う。
 私は今まで、超エンデュランス系(耐久を超えた、過酷なレース)といわれる大会で、私以上の力を持つ人たちが「情報」と「ツール」の不足によりリタイアしていく姿を数多く見てきた。
 私が完走してきた大会名を挙げると、ほとんどの人が「うわぁ、体力に恵まれているんですねぇ」と感嘆するが、正直私の体力は並以下だ。
 それでも完走してきたのは、ひとえに「情報」と「ツール」のおかげだ。

 そして、この「情報」と「ツール」に加えて、「仲間」という「情熱」を与えてくれる存在があったからこそだろう。
 
 ただ、仲間は誰もが獲得できるものではない(私はツイていた。たまたま周りに仲間がいた)
 ただ、今回の100キロマラソンは、仲間はいない。
 非常に孤独な戦いとなる。
 この100キロマラソンを完走することで、また新たな自己に開眼できる気がする。

トレーニング

 最近、トレーニングを更新していないけど、実はなにげにトレーニングは続けていたりする。
 ただ、前のように時間は取れないので、週三回ジムに行く以外は、10分くらい筋トレをするだけである。
 もともと筋トレが嫌いな私。
 ほとんどやってなかっただけあって、やり始めると効果覿面。なんか、ムキムキしてきた(笑)
 今年のアイアンマン後が、ここ4,5年で一番やせていたけど、今はちょっぴりだけど、さらに痩せた。
 思うに、有酸素運動だけでは痩せないのではなかろうか?
 やはり、有酸素運動と筋トレを融合させたトレーニングが一番やせると思う。
 そして、やせることだけを考えるなら、30分ランニングするより、1時間ウォーキングしたほうが痩せる。
 この時期に痩せると「ビリー(ブートキャンプ)やってんの?」なんて突っ込まれて困るけど、私、ビリーはやってませんので(笑) ビリーをやっている方、やった後にクールダウン代わりに30分ほどでもウォーキングしてみませんか?
 きっと効果あると思いますよ。

 ちなみに、ウォーキングと筋トレでは、痩せることは保障しますが、アイアンマンにはほとんど役に立ちませんので(笑)
 トライアスリートの皆様は、普段どおりの練習を続けてください(爆)
 

トレーニング

 5月22日(火)

 筋トレ 5分

 5月23日(水)

 ボディパンプ 30分

 5月24日(金)

 クロール中級 30分
 500M 10分30秒

 5月25日(土)
 
 筋トレ 5分

 5月27日(日)

 佐世保自転車ライド 
 時間 3時間18分
 最高時速 58・5キロ
 平均時速 24・7キロ
 距離   81・99キロ

 
 いま現在の体調は、過去に出場したアイアンマンのコンディションの中でも一番良い。
 体重は過去最低、筋肉率は過去最高、体脂肪は過去最低(まだまだ減らす余地あり)
 非常に体調は良いのだ。
 ただ心配なのは練習量の少なさ。
 やはり、昨年より少ない気がする。
 練習時間自体は多いのだが、トライアスロンに関係ない練習も多い(ウォークとか、ウェイトトレーニングとか)
 

トレーニング

 5月15日(火)

 筋トレ 5分


 5月18日(金)

 クロール中級30分
 500M 10分30秒
 500M 10分30秒 
 筋トレ 5分

 5月20日(日)

 自宅から堂崎周り(往復)
 時間 4時間12分
 最高時速 74・8キロ
 平均時速 20キロ
 距離   84キロ

 筋トレ 5分


 自宅から、堂崎を往復して戻るルート。
 へたに大村湾一周するより、練習になるかもしれない。
 コース的には、かなり起伏が多く、山岳ステージがひらすら続く。ヒルクライム好きには堪らないコースだろう(私はヒルクライム苦手だが)
 どうでもいいけど最高時速74・8キロって何?!
 自転車の制限速度って何キロだろ?
 どっちにしても、74・8キロはスピードオーバーだろう(いままで、こんなことなかったので、故障とは考えにくい)
 どこで出したのか、まったく記憶にない。基本的に、くだりはゆっくり安全走行なので。
 ひょっとしたら、国道で車と張り合ってたときかな?
 そういえば、ぶっちぎったような・・・
 車も、さぞかし驚いたことだろう。(良い子はまねしないように)



 5月21日(月)

 ラン27分
 筋トレ5分

トレーニング

 5月10日(木)
 
 クロール 500M  12分
      500M  10分20秒
      500M  11分50秒


 クロール500Mを三本。
 10分20秒は、まぁまぁかも。


 5月11日(金)
 
 クロール中級 30分
 500M 10分


 クロール中級のあと、500M泳いでみる。ついに、10分で泳げた。
 

 5月12日(土)

 ダイヤランド・大山Wアタック
 時間 1時間54分
 平均時速 14・8キロ
 距離 28キロ


 105ウォークいらい、体重がひたすら減っている。最近ではついにここ2年間で最低ラインまで下がった(それでも、まだまだ脂肪の備蓄はあるが 笑)
 おかげで、ヒルクライムは楽だった。
 タイムも上がったかと期待したが、ほどんど変わってなかった(爆)

 
 5月13日(日)

 筋トレ  5分


 最近、5分間筋トレの本を買う。実践してみる。


 5月14日(月)

 ラン 27分
 筋トレ  5分

 
 ここのところ「母の日」前後で忙しかったため、更新が滞った。
 一気に、トレーニングをまとめてあげちゃいました(笑)

 105参戦記も、ちかぢかアップします。


        
 

トレーニング

 5月1日(火)

 ストレッチ 20分


 昨日と今日は、ほんとうは1時間ほど歩いておきたかったけれど、雨だったので断念。
 ストレッチをして、体をほぐす。
 なんかしてないと不安なので、大会前だというのにTOEICの勉強をする(笑)

 佐世保から島原城まで105キロを24時間以内に完歩する「105ウォーク」
 2デー(2日間)ならともかく、一日で、しかも24時間ぶっ続けで105キロを歩く大会というのは全国でも珍しい(というか、今現在ではこの大会以外私は確認していない)
 アイアンマンといい、大村湾一周ウルトラマラソンといい、長崎という県はどうもチャレンジングな人が多いらしい(笑) 

 はじめは「105キロ歩くなんて、アイアンマンより楽だよ」と気軽に申し込んだが、その後ウォークの練習をするにつれ、その大変さを痛感。
 正直、いまでも完歩への不安はある。
 昨日なんか、夜中に3度も「105ウォーク」の夢を見て目が覚めた。
 アイアンマン、販売士1級、自分にとってチャレンジングな行事が近づくと、私はナーバスになる。 
 去年のアイアンマンの記事を見ていただくと分かるが、アイアンマン前は非常にナーバスだ。
 正直、なんか理由つけて逃げ出したいとも思う。
 でも、アイアンマンも販売士1級も、やってみるとやはり楽しさが残った。
 アイアンマンの感動は今でも忘れられない。
 
 いよいよ、明日は105ウォーク!
 直前になると、ワクワクする自分がいる。
 「やっぱり好きなんだなぁ」と自嘲するのでした(笑)

トレーニング

 4月29日(日)
 
 ウォーク 2時間


 大好きなラジオ番組「福山雅治のスズキトーキングFM」と「あべ れいじ」を聴きながら、4時から6時まで2時間ウォーク。
 ラジオが楽しいので、疲れも感じず楽しくウォークできます。
 ラジオに思わず笑ってしまって、周りの人から冷たい視線でみられるのがたまに傷だけど・・・

トレーニング

 4月26日(木)

 スイム  500M 12分30秒
      500M 12分30秒
      500M 12分30秒


 上の「500M 12分30秒」は、コピー&ペーストをミスったわけではありません。500Mを3本泳ぎ、すべて(およそ)12分30秒だったのです。
 1本目泳いで「う〜ん、12分30秒は遅いね。まぁ、一本目はアップみたいなものだからね」と、もう一本泳いだらやっぱり12分30秒・・・。
 「しょうがねぇな」と本気出したら、やっぱり12分30秒(爆) 
 ひとり苦笑してプールサイドにあがりました。

 12分30秒はここのところで最低の記録。
 どうしたのか?
 疲れか?
 フォームのみだれか?
 
 しかし、来週には105ウォークが迫っているので、アイアンマンのことは105ウォークが終わってから考えることにする。(1ヶ月しかないけど)

 ところで、このブログを書いているのは4月28日(土)なのだけど、今週はホンマに忙しかった。
 今日の仕事が終わったあと「この一週間、よくやった」と、自分で自分を褒めました(誰も褒めてくれないし 笑)
 今日なんか、昨日の仕入れ分がダンボール30個分(佐川のトラック半分が埋まる量)が到着し「こんなの今日中には捌ききれない。明日は休日出勤か・・・」と真っ青になったものだが、私の信条は「残業と休日出勤をする奴は仕事ができない奴だ」なので、もう今日は3日分ぐらい仕事しました(汗)
 一週間ぶりに飲んだビールが美味でした。
 明日は10時くらいまで惰眠を貪ってやるぞ!

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
おおきな木
おおきな木 (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン, ほんだ きんいちろう, Shel Silverstein
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM