スポンサーサイト

  • 2016.11.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


販売士登録講師講習

 明日から2日間、東京へ行ってきます。
 目的は「販売士協会登録講師になるための講習を受けるため」です。

 まる2日間、みっちり講習があるため、東京観光とはいきませんが、夜は大学時代の旧友と会うつもりです。
 なんか、都合が合わずに下手すれば一人とサシで呑むことになりそうですが・・・
 私、人望がない?(笑)

 まぁ、もともとの目的は講習なので、みっちり学んで、すてきな販売士をひとりでも多く育てる講師になってきます!

販売士1級合格!

 本日、販売士1級合格発表日。

 結果は・・・おかげさまで合格いたしました!

 
なんだかんだで、3年かかりましたね・・・。

 ビジネスプラン発表会も、市長も来て頂き大変盛り上がりました。
 この発表会では、色々面白いことがあったんですけど、詳細はまた書きます。

 昨日は引越しで、てんやわんや。
 でも、おかげで手帳に書いていた「自分の勉強部屋がある家」に引っ越せました。
 ひきよせの法則がうまく働いています。
 ありがたいことです。


販売士1級試験

 本日、販売士1級の試験が終了しました。
 私は、科目別免除が3教科あるので、受験したのは「小売業の類型」と「ストアオペレーション」の2教科でした。

 結果からいえば、たぶん合格したと思います。
 まぁ、記述が半分を占める試験なので、自己採点はそれほど当てにならないのですが(笑)

 結果発表は3月30日ですので、その時にまた発表したいと思います。
 次は、簿記3級の勉強を始めます。
 あと、パソコン関係と英語の勉強を始めようと考えています。

 さて、実は私、このブログは現在ほぼ休止状態なのですが、近々「販売士」に特化したブログを開設しようと思っています。
 ブログというより、販売士について学べるHPみたいにしたいのですが、気楽さとツーウェイコミュニケーションの利点を生かし、ブログというかたちで、販売士のことを紹介していくつもりです。

 たとえば、流通業ならMDといえばマーチャンダイジングなのですが、このマーチャンダイジングをきちんと説明できる人は、どれほどいるでしょうか?
 では、ISM(インストアマーチャンダイジング)は?
 人時生産性とは?
 マーケティングミックスとは?

 なんか、日経MJや日経新聞では見たことあるけど、よくわからないという用語も多いわけです。
 私も、勉強する前はほとんど意味を知りませんでした(笑)
 そういうのを、私は販売士の勉強を通して学び、今では多少難解な経済書も読めるようになりました。
 そこで、少しでも皆様のお役に立てるよう、販売士で勉強したことを、分かりやすく説明するブログをつくりたいと思ったのです。

 開設しましたら、このブログで発表しますので、しばしお待ちください。

中小企業診断士 結果報告〜今後の私の目標〜

 中小企業診断士試験1次も無事終了し、昨日解答速報で自己採点いたしました。

 結果は・・・

 残念な結果に(笑)

 科目別は合格してましたが、全体では不合格でした。
 で、「来年も受けるの?」というご質問ですが

 受けません。

 「今年だめなら、来年は受けない」
 これは、決めてました。
 
 科目別は合格したし、全体的には平均点いっていたので、もう一年勉強すれば一次は合格するでしょう。
 でも、来年は受験しません。
 もし、受けるとすれば3年後の2011年度です。
 つまり、これから2年間は完全に中小企業診断士の勉強からは手を引きます。
 販売士1級は勉強します。あと2教科だけなので、これは次で合格しとかないと(笑)
 TOEIC、簿記2級なども勉強していきたいと思っています。
 これらの勉強は片手間でもできるからです。
 でも、中小企業診断士は、片手間では無理です。
 一年間、あらゆるものを犠牲にしなければなりません。
 
 これから2年間、日本、いや、世界の経済は劇的に変化していきます。
 これはこのブログでもちょくちょく警告してきました。
 そして、やはり予想通り世界経済はこれまで経験したことがないような転機に直面しています。 
 詳しいことは、また後日にでも書ければとは思いますが、正直、今までの大不況とはまるで状況が違うのです。
 しかし、これは資本主義が、そして、消費依存の現在のビジネスモデルが、いつかかならず行き着く問題だったのです。
 要は「起こるべくして、起こった問題」です。

 バブルを思い出してください。
 日本は、バブルのツケを10年以上払わされました(そして、厳密にはまだすべて精算されてはいません)
 今世界では「資本主義のツケ」が起こっているのです。
 バブルのような、一過性の問題ではありません。
 このツケは、現在の資本主義のあり方を根幹から揺るがすでしょう。
 ここで予言しておきますが、この先2年で、世界はまた違うビジネスモデルを模索し、構築する必要に迫られるはずです。
 これは「IT革命」以来の、経済の大革命です。
 そして、革命にはチャンスが満ちています。
 ビジネスをするものにとって、最高潮に面白い時代が到来しようとしています。
 このチャンスを生かしたい。
 そのための活動に、これからの2年間を費やしたいと思ってます。
 ※ちなみに、少し話し外れますが、あらゆる学者、そして、スピリチュアルな方々まで(笑)2012年は人類の転機が訪れる年と言われています。
 ネットで検索すると、かなりヒットします。
 アセンションやフォトンベルトは、ちと怪しいですが(笑)そうでなくても、地球環境、エネルギー、世界経済なとあらゆる視野から見ても2012年は人類の転機となることは間違いないです。
 実は、われわれに残されている時間はそう多くありません。
 でも、逆を言うと、これからは面白い時代の到来です。
 人類が良い方向へと向かう、チャンスに満ちた時代がやってきます。
 ほんとうに、我々は今面白い時代を生きているのです。
 そんな時代に生まれてきて、感謝です(笑)

 こうして、私の中小企業診断士を目指す旅は一旦終了するわけですが、私はこの一年を一切後悔していませんし、むしろ感謝しています。充実感さえあるのです。

 まず、私が中小企業診断士を目指したのは、経営に関する知識を増やしたかったからなのですが、これは十分に果たされました。
 一年前の自分とは段違いに、経営に関しての知識は身についたと思います。
 おかげで、少々難解な経済書なども読破できるようになりました。
 そして、何より良かったと思うのは「時間は死ぬほど大切だ」ということを、身にしみて知ったこと。 
 もう、これまでの30年間の自分の生き方を悔いてしまうくらい(笑)、時間の大切さをこの一年で初めて「本当に」理解したと思います。  
 私は私なりに、濃い人生を送ってきましたし、これまでの人生においても、多くの目標を達成してきました。
 でも、それでも「なんだ、俺にはこんなに時間があったのか! だったら、もっと多くのことを成し得たのに!」と思ったのです。
 中小企業診断士の勉強のため、30万近い出費をしましたが、この「時間の大切さ」を実感できただけでも、30万の価値は十分にありました。
 本当に、こればかりはどんなに人から「時間は大切だよ」と言われても、実感できないと思います。
 自分で、思い知るしかないのです。

 なんか、よう分からんたとえですが、とにかく「時間は、死ぬほど大切です」
 これは、間違いありません。

 さて、これから2年間の私ですが、今回のことで私には一日に4時間の完全に自由な時間があることが判明しました。(フロ、メシなどの、生きていくうえで必要な時間を除いて)
 そこで、この4時間を4分割し、有意義に生きていきます。
 
 【4時間の内訳】
 ○1時間を仕事の勉強(経営や仕事に関する勉強、本などを読む)。
 ○1時間を資格の勉強(販売士1級、TOEIC、簿記2級など)
 ○1時間を夢の叶えるための時間(執筆、ビジネスモデルの構築)
 ○1時間を運動のための時間(100キロマラソンを完走、東京マラソンに出場)

 以上、このように一日の自分の時間を使っていきたいと思っています。
 「夢をかなえるための時間」ですが、これは実は長年の夢だった「作家になるため」の活動を開始します。
 中学、高校と執筆活動にいそしみ(おそらく年間2000枚近く原稿書いてた)、日大芸術学部に進学までしたくせ、結局作家らしい活動はほとんどしてませんでした。
 実は言うと、私の作品は非常にローカルなところで新聞に載ったこともあります(投稿作品のショートストーリーが掲載されました)。
 コンクールなどに入賞したこともありますが、実は、本格的に出版社に投稿したことはほとんどないのです。
 これでは、作家になれるわけがない(笑)

 そこで、これからは一日1時間を執筆活動に当て、出版社に投稿しまくりたいと思っています。
 もうひとつの「ビジネスモデルの構築」とは、以前より私が言っていた「資源消費に依存しないビジネスモデルの構築」です。
 このビジネスを上場させ、グリーンインベスター(環境に配慮した投資家)から資金をあつめ、地球を救う!というのが、私のもうひとつの夢です。 
 中小企業診断士の勉強もそのためでした。
 おかげさまで、上場の仕方は勉強させていただきましたので、あとは具体的に動いていきます。

 一日に運動一時間が「100キロマラソン、東京マラソン」となっているのに、アイアンマンが含まれていないのにはわけがありまして・・・まあ、現実的な問題として「金銭的にキツイと(爆)」
 いえ、金銭の都合さえつけば、アイアンマンも参加していきます。
 ただ、今後あまりに活動の場を広げるので、出費も増えます。そうなると、やはりアイアンマンは出費が大きすぎる。
 これから収入が増えたり、投稿した作品で賞金もらったりして、お金に余裕ができたらアイアンマンも参加しますが、それまではマラソンに力を入れようかと。
 だって、マラソンって一番お金かからないし(笑)
 
 それに、100キロマラソンに対する憧れもありまして。
 東京マラソンは、東京には知り合いも多いし、再会がてら走りに行こうかと(笑)

 私の今後はこんな感じです。
 かなり、夢に向かって具体的に動くことになると思います。
 どうなっていくのか、これから楽しみです。

販売士1級 〜マーク式のみの自己点数〜

 販売士1級の自己採点結果。

 販売士1級は、マーク式50点、記述式50点、計100点で70点とれば合格となるのですが、記述式は模範解答では省略されているので、自己採点はマーク式のみ。

 一般に「マーク式で40点、記述で30点」が合格の目安といわれています。

 以下は、マーク式のみ、50点満点での採点です。
 
 ○商品計画と商品予算  42点
 ○仕入計画と在庫管理  昨年合格のため免除
 ○経営とマーケティング 昨年合格のため免除
 ○経営計算       40点
 ○市場調査と立地分析  34点
 ○組織と人事管理    42点
 ○販売計画と管理    40点
 ○情報化        44点

 ・・・ネックは「市場調査と立地分析」34点ですね。
 実は、全教科の合計の平均が70点でも合格なので、他の教科で高得点を取っていれば、カバーしてくれることもあるのですが「市場調査と立地分析」は記述、ちょっとヤバめなので・・・。

 どうなることやら、です。

販売士1級 模範解答

 販売士1級(3級も)の模範解答が本日(2月25日)のMJ(日経流通新聞)に掲載されています。

 図書館などに行くと、閲覧することも出来ます。
 
 私は、MJは取っているのでさっそく採点。

 ここに、詳しい採点結果を載せるつもりだったのに、採点結果を家においてきました(笑)

 記憶では、ほとんどマーク部分は50点中40点を越えていたと思います。

 1教科34点があり、ちょっと危機感を感じております・・・。

 詳しい点数報告は、また後日で・・・。

販売士1級の強い味方!!

 本日、マボ様よりすばらしいものが届きました!!
 これは、販売士1級合格への切り札となりえます。
 「すごいなぁ、やっぱここまでやらなきゃ1級は合格できないのよ」
 と、おもわせる丁寧なノートづくり。
 本日、販売士の理事会があるので、さっそく持参して、会員のみんなに見せたいと思います。 
 そして「ほら、長崎販売士協会を応援してくださっている方がいるんだ! 一人でも多く販売士1級を目指そう!」とはっぱをかけてきます(笑)

 まだ、興奮気味で支離滅裂な文章ですね(笑)
 後日、詳細を記載します。
 マボ様、ほんとうにありがとうございます。


中小企業診断士への第一歩

 ついに、中小企業診断士の勉強が始まりました。
 TACのDVD通信講座です。
 もう、DVDが到着した日は「新作ゲームを買った日の少年」の気分ですよ。
 さっそく観て、朝起きて観て、夜観て(笑)
 TACのDVD講座は、実際にTACで行われている授業を収録してあるのだけれど、なんと1コマ3時間! 
 え・・・みんな仕事終わって、その後3時間も講座受けているんだ・・・。
 俺だったら、絶対寝る(爆)

 3時間も、集中力続きません。
 そこで私は、1時間半に分けて、2日かけて見るようにしています。
 TACの授業は週一回のペースなので、それでも十分間に合います。
 そして、その日のうちに復習と練習問題を解いてしまいます。
 これで、毎日2〜3時間の勉強時間を確保しています。

 今とりかかっているのは「財務・会計」ですが、これがめちゃくちゃ面白い。 
 いままで利益と資本しか見てなかった損益計算書と貸借対照表も、いまや仕訳をして、(簡単なものなら)自分で損益計算書と貸借対照表を作成できるまでになりました。 
 いままで、独学で3年間くらいいろんな本読んでも、意味分からなかったのに・・・。
 スクールってすごい・・・。

販売士1級を目指す方に朗報

 「遠い昔、銀河系のかなたで、ヤクルトスワローズは優勝したっけな・・・」 
 と書いたのは、村上春樹だが
 「遠い昔、銀河系のかなたで、長崎県に販売士1級が誕生したらしい」
 
 何でも長崎は、販売士1級合格者ゼロの記録を更新中でございまして、科目合格者すらでない(今年の私の科目合格も、久しぶり)という、販売士受難の県なのであります。
 なにより、今年の長崎での受験者が4人!って・・・。

 今年7月に行われた販売士3級の長崎県の受験者は105人という過去最高を記録し、販売士のネームバリューは上がってきているのですが、まぁ、大体皆さん3級で終わるらしく・・・。
 2級を目指すのは幹部候補くらいで、1級となると「へ? 1級なんて受ける人いるんですか?」の世界・・・。(あまりに難関なので、企業も必修資格とはしていない)
 そもそも、そんなに難関なのに、長崎の販売士協会は「1級」の講座を行っていない。
 
 「おかしいじゃないですかぁ!」
 と、私が猛然と抗議したところ
 「じゃあ、1級も講座を行おう」
 ということになり
 「じゃ、坂口くん講師ね」

 へ・・・?

 なんでも、1級の勉強自体をしている人が少ないので、科目合格している私でも講師をしなければ足りないのだとか・・・。
 ただし、これはまだ決定事項ではありませんし、公に受講生を募集するものでもありません。事業費も出ないので、すべてボランティアで行われます。
 長崎市在住で販売士1級を目指す方、書き込みお待ちしておりますよ。
 人数が増えれば増えるほど、講座の実現の確率が上がります。
 長崎での販売士1級の講座を実現させましょう! そして、販売士1級を輩出しましょう!
 もちろん、実現されれば私のようなへっぽこ講師だけでなく、ちゃんと1級合格した販売士協会認定講師の方も多数参加される予定です。

販売士1級 結果発表

 すっかり忘れてました・・・
 販売士1級の結果が出たのです(汗)
 まぁ、忘れるくらいだから、当然不合格(爆)

 ただ、科目別は合格してました。
 8科目中、2科目合格。
 面接で「一科目でも合格してたら、可能性あり。3科目合格してたら上出来」といわれてたので、2科目合格は「まぁまぁの出来」といったところでしょうか。
 ただ、マークテストは日経MJで模範解答が掲載してあって、そこそこ出来ていたので「こりゃ、4科目は合格してるだろう」と見込んでいたんですけどね、筆記でやられたようです。
 なかには、マークテストで50点中48点もとっているのに不合格だった科目もあり(常識では考えられない出来事、アンビリーバブル)、もう筆記の弱さが際立ちました。
 当然、来年もうけます。
 あと2年は2科目免除なので、6科目だけの受験でいいし。楽といえば、ラク。
 でも、もちろん来年は中小企業診断士も受けます!
 今年の7月頃から講座を受講予定です。
 そして、TOEICも受けます(汗) 
 来年は、受験生並みに試験づけの一年となりそうです。 
 受験生よ、ガンバレ! 俺もガンバル(笑)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
おおきな木
おおきな木 (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン, ほんだ きんいちろう, Shel Silverstein
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM