<< トレーニング | main | トレーニング >>

スポンサーサイト

  • 2016.11.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


トレーニング

 4月3日(火)

 ラン30分


 自宅から、南高先の信号手前10Mまで。まぁまぁのペース。
 
 私は、変なところがあって、頑張っているときほど不安を感じることが多い。
 普通は、頑張ってないときほど不安なんでしょうけどね。
 頑張ってないときは「まぁ、なんとかなるさ〜」と思えるけど、頑張っているときは「この頑張りが無駄に終わったらどうしよう」という、それこそどうしようもない不安に襲われたりする。
 「中小企業診断士の勉強は正しいのか? 英語TOEICを受けるために毎日英語を勉強しているのは役に立つのか? こんな練習で105ウォークとアイアンマンを完走できるのか?」
 すべての答えは「どれも役に立つからやりなさい」である。
 なんど問うてみても、そうである。
 でも、理屈ではなく不安に襲われる。
 がんばるほど、頑張りが無駄になるのが怖い。
 がんばりが無駄にならないことなど分かっているのだが、頑張っている状況というのは「何かを犠牲にしている」状況でもあるので、失ったもののことを考えると怖くなることもある。
 人間とは、なんとも複雑怪奇、面倒な生き物である。
 
 最後は、自分を信じて前へ歩いてゆくしかないのだろう。
 現状維持は、後退である。
 

スポンサーサイト

  • 2016.11.03 Thursday
  • -
  • 13:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
僕も怖くなることがあります。。。
でも北島が日本選手権で負けた時に言ってました。
「弱い自分を見せたことでまた強くなれると思う」って。
その時試合には負けたけど強い選手だなぁって思いました!
結果を受けとめることで後で大きな勝利をとれれば前に負けたことは小さな事。
  • なお☆彡
  • 2007/04/08 8:29 PM
 北島はカッコイイ選手ですね(ビジュアルも生き方も)
 たぶん、恐怖が人を強くするんでしょうね。極真空手の大山倍達は、ある意味ビビリ?!で、地下街で食事をするとき「こんな地下で、地震でもきたらどうするんだ」と弟子に漏らしたそうです。
 人一倍、恐怖に敏感だったからこそ、誰よりも強くなろうとしたんでしょうね。
 「やらずに後悔するより、やって後悔したほうがマシだ」
 今は、前進します^-^
  • 坂口
  • 2007/04/08 9:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
TOEICテスト
世界的な英語能力試験といわれるTOEICテストは、企業や官公庁での評価が高く、海外出張や駐在の基準、昇進・昇格の要件として利用されています。 大学の単位や推薦入試に利
  • TOEICテスト
  • 2007/04/05 6:16 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
おおきな木
おおきな木 (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン, ほんだ きんいちろう, Shel Silverstein
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM